ファイナンシャルアカデミー

お金の学校ファイナンシャルアカデミーとは?会社概要と泉正人社長について

皆様はファイナンシャルアカデミー(financial-academy)をご存知でしょうか。

ファイナンシャルアカデミーとは「お金の教養」を身につけるためのスクールで、お金のプロが中立的な立場で、貯蓄や節約など身近なお金のことから株式投資やFXなどの資産運用について分かりやすく教えてくれる学校です。

この記事ではそのファイナンシャルアカデミーを運営している「日本ファイナンシャルアカデミー株式会社」について、会社概要と社長の泉 正人氏について紹介します。

こんな人におすすめ
  • 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社について知りたい
  • ファイナンシャルアカデミーの実績を知りたい
  • 社長の泉正人さんについて知りたい

日本ファイナンシャルアカデミーとは

日本ファイナンシャルアカデミーとはファイナンシャルアカデミーを運営している株式会社で、設立は 2002年6月13日、資本金1億円の、同業者の中ではトップクラスの規模を誇る会社です。

会社概要(ファイナンシャルアカデミー)

ファイナンシャルアカデミーの成長

ファイナンシャルアカデミーの成長ぶりを確認すると、かなり勢いに乗っている会社であることが分かりますね。(この会社の株を買うのも良いかもです。笑)

延べ受講生は58万人、現役受講生数は9,466人(※2020年6月現在)と、その規模もかなりのものです。

数字で見るファイナンシャルアカデミー

泉 正人氏(ファイナンシャルアカデミー社長)

ファイナンシャルアカデミーの代表取締役は『お金原論』(東洋経済新報社)、『お金の教養』(大和書房)などの著書でもある泉 正人氏です。

お金に関する本を多く出版されていて、泉さんの事の本で知ったという方も多いでしょう。

例えば『お金原論』、『お金の教養』、『仕組み仕事術』などが代表作となるが、出版した本は30冊累計130万部を超えている。

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行い、義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。

役員経歴

まとめ

この記事ではそのファイナンシャルアカデミーを運営している「日本ファイナンシャルアカデミー株式会社」について、会社概要と社長の泉 正人氏について紹介してきました。

ファイナンシャルアカデミーに興味を持っている人は、まずは無料で体験できる「お金の教養講座」に参加することをおすすめします。

日本ファイナンシャルアカデミーの無料体験セミナー「お金の教養講座」に参加してみた「お金の勉強ってどこから手を付けてよいか分からない」という人のために、お金の学びの入り口とぴったりな『ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座』を受けた時の感想・体験談を記事にしました。無料で受講できるにも関わらず、内容は恐ろしく濃いので本当に学びになります。ぜひご参考に!...

皆様の参考になると幸いです。

以上です。

ABOUT ME
Fアカ卒業生
Fアカ卒業生は大手東証一部上場企業にて、人工知能を活用したサービス企画職に携わるサラリーマン32歳。 年金受給額引き下げや受給年齢引き上げ・終身雇用制度や退職金の廃止が進んでいく昨今、サラリーマンとしての生き方に疑問を抱き、レールがないこの時代を生き抜くための方法を模索し、自分の学びを共有する場として本ブログを執筆しています。